top of page

Amazonカタログ作成でよくある失敗とその回避方法5選



AmazonでOEM販売をするためには、カタログ作成が必要不可欠ですが、実際に作成してみると思った以上に難しいものです。特に、初めて作成する場合には、よくある失敗に陥ってしまいがちです。


そこで、この記事では、Amazonカタログ作成でよくある失敗とその回避方法を5つ紹介します。これらを実践することで、カタログ作成のノウハウを身につけ、より効率的かつ魅力的なカタログを作成することができます。


ぜひ、失敗を回避するためのヒントを掴んで、Amazon販売の成功につなげてください!



その1 - 商品情報の不足による説明不足を避ける




Amazonカタログ作成でよくある失敗の一つが、商品情報の不足による説明不足です。顧客が商品を購入する前には、商品名や仕様、特徴、使い方、メーカー、製造年月日、保証期間、返品・交換に関するポリシーなど、多岐にわたる情報を確認したいと思っています。これらの情報を明確に記載することで、顧客の信頼を得ることができます。


特に、高額な商品や技術的な製品の場合は、より詳細な情報が求められます。これらの商品を販売する場合には、商品ページに充実した説明を掲載することが重要です。


まず、商品名や仕様、特徴、使い方などの基本情報を明確に記載することが必要です。商品名はわかりやすく、魅力的(競合他社との差別化)に記載し、仕様については正確な情報を提供することで、顧客のニーズに合わせた商品選択を促進できます。また、製造年月日や保証期間などの情報は、商品の信頼性を示すために必要です。



とくに、返品・交換に関するポリシーなどの情報も重要です。顧客が商品を注文した後の流れを正確に理解し、スムーズな取引を行うために、これらの情報を明確に示すことが必要です。また、顧客の質問に対する回答やレビューなど、製品に関する情報が豊富であることは、顧客の信頼を得る上で重要です。


最後に、商品ページのコンテンツには、画像や動画、使用者のレビューなども含めて、商品の特徴をわかりやすく伝えることが重要です。これらのコンテンツを充実させることで、顧客の購買意欲を高めることができます。


以上のように、商品情報の不足による説明不足を解消するためには、充実した商品ページのコンテンツを提供することが必要です。これにより、顧客の信頼を得ることができ、販売促進につながります。



その2 - カタログページの作り込みが甘い




Amazonカタログ作成でよくある失敗の一つが、カタログページのレイアウトが分かりにくいことです。商品画像や説明文を適切に配置し、見やすいレイアウトにすることが重要です。


さらに、ページの見出しを明確にし、文字のフォントやサイズ、色なども統一することで、顧客が必要な情報を見逃すことがなくなります。また、カタログページには、商品の比較表や顧客のレビューを掲載することで、商品の特徴や評価を分かりやすく伝えることができます。これらの工夫をすることで、カタログページのレイアウトを改善し、顧客の利便性と満足度を高めることができます。


そもそも購入者は、文書を読みません。興味がある部分だけを見て瞬時に判断をします。では興味がある部分とは何だと思いますか??それは、「レビュー」「配送費」「納期」「価格」「自分の問題解決ができるか?」です。


レビュー:これを見る理由は、「後悔したくないから」です。人間は人間は得をすることを求めるよりも、損をすること避けたい思いが強いと言われています。つまり、まずは、買って損をしないかの確認をレビューを見ることでしているのです。


配送費:単純に無料の方が売れます。送料無料で検索をする購入者もいるため送料は無料がいいでしょう。


納期:納期は基本的には早ければ早いほど良いです。ただ、オーダーメイドや特注品、希少品は例外です。


価格:基本的に安い方が良いですが、一概には言えません。品質を上げて価格を下げることは難しいため品質管理を優先する方が成功につながります。


「自分の問題解決ができるか?」:明確にこれを表現することで成約率が上がります。この商品を通してどんな未来が得られるのか?これを画像や動画にすることで購入者が増えます。



その3 - 商品画像の品質が悪い



Amazonカタログ作成でよくある失敗の一つが、商品画像の品質が悪いことです。商品画像は、商品の外観や特徴を伝える上で非常に重要な役割を担っています。画像がぼやけていたり、角度が悪かったり、背景がごちゃごちゃしていると、商品の魅力を十分に伝えることができません。商品画像は、商品の魅力を最大限に引き出すように心がけ、クリアで高品質な画像を使用するようにしましょう。


自分では良かれと思っている画像も、購入者からみると良くないことは多々あります。商品画像はシンプルに表現をし、加工もある程度はした方が売れます。あまり加工をし過ぎて、「画像と実物が異なる!」というクレームは避けた方が良いのは言うまでもありませんよね。


また、Amazonはカタログのテンプレートが限られているため、「その2」の最後でも書いたように、「自分の問題解決ができるか?」を画像でスライド式にストーリー的に表現するのが良いです。用途や使った後のイメージ、問題解決がされるかがイメージしやすくなります。



その4 - キーワードの適切な使用を怠る



キーワードの適切な使用は、Amazonカタログ作成において非常に重要です。適切にキーワードを使用することで、商品の検索性を高めることができます。しかし、キーワードを過剰に使用すると、検索エンジンにスパムと見なされ、ランキングが下がる恐れがあったり、無駄な広告費をかけてしまうこともあります。適切なキーワードの使用方法を理解し、最適なキーワード密度を設定することが必要です。


また、競合他社のキーワードに依存しないで、自社の商品の特徴や魅力を最大限にアピールすることも重要です。キーワードの適切な使用を怠らず、SEO対策をしっかりと行うことで、カタログページのランキングを上げ、より多くの顧客に商品をアピールすることができます。


特にトレンドのキーワードを使うことは大きな売上につながるケースがあります。例えば、テレビで紹介された商品などは、番組のタイトルをキーワードとして利用するとアクセスが集まったりもしますよね?それらの情報を敏感に汲み取れるアンテナが必要です。



その5 - ライバル商品との差別化が不十分




ライバル商品との差別化が不十分な場合、顧客があなたの商品を選ぶ理由を見つけることができないため、販売の機会を失うことになります。簡単に言えば「埋もれた商品」になることです。


この問題を解決するために、まずは自社の商品の特徴を明確にすることが大切です。商品がどのような特長やメリットを持っているかを正確に伝え、ライバル商品との違いを明確にすることで、顧客があなたの商品を選ぶ理由を理解しやすくなります。


この方法としては、他社との比較を画像に入れたり、過去の自社商品との比較を画像にしても良いです。比較は分かりやすいため、「人間の損をしたくない」と言う思いを満たしてくれます。そこで思いっきり競合商品と比較して、あなたの商品の優位性を強調しましょう。価格や品質、機能など、競合商品と比較して優れている点がある場合は、その点を積極的にアピールした方が良いのですが、数値化出来るもの(スペック)のアピールは限界があります。見えない価値を生み出すことは商品力を持つための第一歩です。これに関しては、習得にある程度の経験が必要ではありますが、習得するとあなたの物販は劇的に改善されて、ライバルよりも30%高く200%多く売ることができるようになります。


まずは、レポートを立ち読みして学んでみてください。




まとめ



Amazonカタログ作成でよくある失敗とその回避方法を5つ紹介しましたがいかがだったでしょうか??まだまだ理解ができない部分もあると思いますが、経験を積んでいくうちに理解が深まる部分も出てくると思います。焦らずに進めていってくださいね。


競合商品との差別化が不十分な場合には、商品の特徴を強調することで差別化を図ります。差別化が出来ないとほぼ売れないと考えて良いです。埋もれた商品になってしまい、せっかく中国輸入OEMをする意味がなくなってしまいます。


また、商品の写真のクオリティが低い場合は、プロのカメラマンを雇うか、外注することをおすすめします。中国輸入代行VBCでも、カタログ作成代行も行なっているため、弊社でも良いですし外注さんを探してその方に依頼しても良いともいます。


Amazonで販売するOEMビジネスは、「リサーチ」「カタログ作成」「プロモーション」がうまくいけば成功します。ぜひ、1つずつレベルを上げていってくださいね。







Commentaires


bottom of page