Wave
megahon.png

​『ワンクリックで可能』

月商1,000万円レポートが立読みできます

Wave

VBCのオプションサービスに関して

基本サービス

ポイント

基本検品は目視による数量と外観検品となります

※1)外観検品とはVBCオフィスに到着してからOPPやパッケージを開けずに数量やカラーの確認をすることです。より丁寧検品を依頼する場合は、丁寧検品をご選択してパッケージを開封しての検品を依頼することが可能です。

※2)中国輸入において肝になることの1つは「商品検品」です。日本でも同様ですが「サイトの商品画像と現物のイメージが異なる」ということは中国では非常に多く発生しますし、そもそも販売ページと実物が異なるものを検品するということは困難なことです。商品は一度サンプルを取り寄せてからご自身の目で確かめることをお勧め致します。

※3)基本検品は手数料や月会費内、梱包費用に含まれるため別途費用は発生しません。

※4)弊社ではお客様の大切な商品に指紋や汚れが着かないようにするために、商品に触れる際には使い捨てのゴム手袋を着用しております。

ゴム手袋

梱包に関して

ポイント

配送中に破れない頑丈梱包でご対応中

AmazonのFBAへ直接納品するサービスをご利用の際はもちろんのこと、ご自宅や指定配送先にお届けの際も配送中に商品に傷が付かないように頑丈梱包でご対応させて頂いております。全ての指導は中国居住8年中国輸入ビジネスのエキスパートであるVBC代表佐藤の指導の元行われておりますのでご安心ください。

梱包材やFBAシール・基本検品・為替手数料

hyo01.jpg

各サービスと料金一覧

オプションサービスと料金一覧表

hyo03.jpg
hyo02.jpg

※1)写真撮影メンバー確認とは・・・?
現在のネット販売では画像加工技術が進んだ結果、アリババやタオバオの画像と現物の商品イメージが異なることが多発しております。そこで中国国内で問題早期発見のサービスとして、VBCオフィスに到着後、VBCスタッフがスマホで商品撮影を行い加工をしない画像をVBCメンバーへ共有し、仕入れをするかキャンセルをするかを判断して頂くサービスです。

返品可能店舗からの仕入れ、商品到着後1週間以内に返品依頼をするなどの仕入れ店舗の条件がありますので、全ての店舗で利用できるサービスではございません。事前にVBC担当スタッフに確認をお願いします。

なお、
お得意様はご存知の通り、ほぼ全ての商品を無料サービスで対応していることが多くございます。

このように料金設定を敢えてしているのは、極々たまに「無駄な指示」をされるお客様が稀におり、そのような際に料金を頂くために設定をさせて頂きました。長くご利用をされているお客様であれば特に過去のサービス体系と変わりませんので、ご安心くだい。

また、新規のお客様でも作業時間を計算して上記の価格より下がることがよくございますので、気兼ねなくご相談くださいませ。


※2)商品リサーチ(ネットショップ以外)に関して
特に新技術を用いた商品や日本で普及されていない商品を扱う際は、中国のメーカーも技術を盗まれることを懸念することが多々あり、商品の内容によってリサーチやメーカー選定の難易度が異なります。

メーカー視察は一見さんのお断りをすることも多くあるため、弊社の人脈とネットワーク、独自ルートでのアプローチとなるため、費用が上下することがありますので予めご了承下さい。

※3)検品費用などが「高い!」と感じたあなたへ

「掲載されている検品の費用が高い!」と感じた方もいらっしゃると思いますが、理由がございます。その理由は、「表記だけ一見安く、見積もりを取ったら高かった!」ということを避けるために、実は弊社では敢えて高い表記をしております。見方を変えますと、サイト表記を高くして、見積もりを取ったら、「サイトに書いてあるのより安い!」という驚きをいただけたら嬉しいです。

​お気軽にお問い合わせくださいませ。

丁寧検品についての補足事項

中国輸入の成功の鍵を握るのは検品と言っても過言ではありません。それを重々承知の上でVBCをご利用頂くお客様と弊社との間における誤解や認識違いを防ぐため、丁寧検品についての補足事項を記載致します。

発生した事例を元にVBCメンバー様と弊社が末長くパートナーシップを結べることを考慮して、今後も随時追記をしていきますので、ご意見・ご要望も気兼ねなく仰って下さい。


※1)破け、汚れ・シミは返品対応をします。
基本VBCでは返品対応をしてくれる店舗からの仕入れを選択しておりますが、万が一返品不可のときには返品指定配送先に送付をさせて頂く形で対応を致します。

※2)パッケージがテープで止めてあるものは丁寧検品が困難です。
パッケージ開封後、パッケージが破けるなどして中古扱いになるため、パッケージを開封しての丁寧検品の対応が困難です。ご了承下さい。

※3)電子関係の動作確認はVBC内では行いません。
電子関係の商品検品はメーカーにおいて動作確認をしてパッケージをするようVBCから指導をしております。その理由からメーカーから発送後、VBCオフィスにて電源を入れたり、コンセントに差し込んでの動作確認は致しません。このことで商品が中古扱いになってしまうため丁寧検品の対応が困難となっております。ご了承下さい。

※4)丁寧検品の免責事項
丁寧検品はVBCスタッフが1つずつ開封して検品を行いますが、100%完璧に検品をすることは困難です。万が一日本納品後に商品の検品ミスが発見された場合は、「検品ミスの数量」×「丁寧検品単価」の返金をさせて頂く対応を致します。VBCではそれ以上の責任は負わないものと致します。

また、現代の画像加工技術の発達に伴い、商品販売サイトの画像と商品現物の色やデザインを含めイメージと異なることが多々発生しております。それ自体をスタッフが検品で対処することは困難なため、不安な方はオプションサービスの「写真撮影メンバー確認」をご利用ください。

(2021年4月現在)

カタログ制作サービス

「VBCさんが提供するAmazonカタログ制作代行のサービスを作って欲しい」というお声をたくさん頂いておりましたが、検討した結果、サービスを始めさせて頂きました。どうせやるなら、差別化をしないとと思い、社内で長らく検討して下記の内容でスタートさせて頂きます。

※1)Amazon現役のパワーセラーが制作をします。
一般的にはデザインの専門家さんであるデザイナーさんがカタログ作成をするものです。基本的にデザイナーさんに依頼をすると、指示書作成やイメージを伝えたりと非常に手間も掛かります。デザイナーさんは言われた通りのデザインをする方がほとんどだからです。

 

そこで、VBCでは、Amazon現役セラーがカタログ制作をするサービスに致しました。もしかしたら、あなたがご自身で時間をかけて制作するよりもより良いものが出来るかもしれません。


※2)丸投げで出来上がります。
Amazonの現役セラーがカタログを作成しますので、Amazonに対する知識と経験は豊富ですよね。キーワードの選定、訴求の仕方、共同との差別化、お得感の出し方、ベネフィット、分かりやすさなど。お客様に伝えわるカタログを勝手に丸投げで出来上がります。

ただし、丸投げと言っても構成の段階で確認はして頂きます。もしもあなたのお考えがあればここで最終的な擦り合わせを行ってください。


※3)費用は他社様よりリーズナブル。
専門的に行っている他社様は10〜20万円、時にはもっとすることがありますが、VBCでは59,800円
(一般価格)でご対応をさせて頂きます。

 

ただし、VBCのCプランにご参加の場合は、1万円引きの49,800円でご対応をさせて頂きます。この品質と価格でご意見がある、もしくはこれ以上のサービスがございましたら、ぜひご連絡ください。


※4)基本サービスはこちら
基本的には下記のサービスが含まれます。

・構成作成

・サムネ白抜き+6枚(サムネイル追加別途費用)

・縦長でレスポンシブ対応画像

・タイトル

・説明文

・キーワード生成

※5)納期と制作の流れ

納期は2週間程度です。構成の段階で一度確認をして頂き、​双方(制作依頼者と制作者)の認識確認後に制作開始となります。確認に時間を要する場合は、納期が遅れることがございます。

※6)お申し込み方法とお問い合わせ
現在カタログ制作を順次行っている関係で、予想以上に納期が遅れてしまう可能性がございます。お申し込みは一度、LINE公式からお問い合わせ後に正式発注をお願い致します。

6-1) LINE公式を追加する(右QRコードより追加をお願いします。)

6-2)LINE内に似て必要事項のご確認をお願い致します。


(2022年3月現在)

qr-code (2).png

期間限定

売上に伸び悩んでいましたが、レポートのお陰で今月は月商860万円で着地予定です。

42歳 大阪府 Nさん

のべ5000人以上の方が読んだ有料級のレポートです。期間限定クリックだけで立ち読みが可能です。ぜひ一度、お読み下さい。

Glass Buildings

お気軽にお問い合わせ下さい

いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

なお、既に無料・有料問わずメンバー登録をされている方は、
既存のグループチャットでご質問をお願い致します。

担当者から24時間以内に返信をさせて頂きます。